自動運転の安全性とドライバー

自動車学校で自動車運転を学ぶ皆さんは、教習車のハンドルを握り視覚や聴覚などで認知した状況をきちんと判断しながらハンドル操作を行っています。その複雑なハンドル操作をAI(人工知能)が変わってくれるシステムが自動運転と呼ばれています。人の操縦を必要としない自働運転には、センサー、通信情報、カメラ、地図、AIなど、人間の視覚や聴覚、認知機能などの役割を代用する高性能システムが必要とされてきます。

さらには、公道には自分以外の自動車の走行があるはずですから、他の自動車との協調性が必要とも言われています。自動運転のシステムが間違った判断を行ってしまうことは大きな事故につながる可能性がありますので、そのシステムの性能によって皆さんは守られることになるでしょう。

皆さんがドライバーとして、自動車のハンドルを握るとき、その判断や認知、操作の1つ1つが安全性を構成しているのです。自動運転のように、判断、認知、操作を正確に行わなくては安全は守られないのです。